宮迫博之のコメントに反省の色なし!返金なしでオフホワイト解雇の声!

吉本興業の多くの芸人がかかわっていたとされる闇営業に関する一連の問題が。最初に報道されていた方とは別の方にも処分が広がり、ますます話題を呼んでいます。その中で、特に話題になっているのが宮迫博之さんの発言です。

今回は、宮迫博之さんのコメントについての評判をまとめてみました!

宮迫博之のコメントの問題点とは?

まずは、今回の一連の報道について内容を振り返っておきましょう。

発端は、6月7日発売の写真週刊誌『FRIDAY』で、詐欺グループの忘年会に同社所属芸人の出席を仲介したことが報じられたことです。

2015年に男女計40人が逮捕された振り込め詐欺グループが14年末に催した忘年会に入江を始め、雨上がり決死隊の宮迫博之、ロンドンブーツ1号2号の田村亮、レイザーラモンHG、ガリットチュウの福島善成らが出席していたと報道されました。。この場に芸人らの出席を仲介したのが入江だったとしています。

吉本興業によると、入江ら5人に事実確認を行ったところ出席の事実を認めたとのこと。入江については、知り合いの結婚式を兼ねたパーティーだと聞かされており、自身はその知り合い・グループが特殊詐欺を行っていたことは知らなかったといいます。しかし、深い交流があったのは事実で、事態を重くみた事務所側は6月4日付で契約解消としました。

事務所を通さない“闇営業”ということ以上に「反社会的勢力から金銭を授受していたのでは?」と問題視する声が上がっています。

宮迫さんはというと、7日にTwitterで騒動について謝罪しながらも「ギャラはもらっていない」と明言していました。

ですが、24日は金銭の授受があったことを認めるコメントを発表しています。その謝罪文面には「間接的ではありますが」と注釈をつけ、「金銭を受領していたことを深く反省しております」と書かれていました。

そのうえで、「相手が反社会勢力だったということは、今回の報道で初めて知ったことであり、断じて繋がっていたという事実はないことはご理解いただきたいです」と理解を求めていました。

さらに宮迫さんは、7日の謝罪ツイートでもその注釈が物議を醸していました。

それが指摘された原因は、その文頭と文尾に不自然なカギ括弧がついていたことです。さらに文面を直接Twitterに打ち込むのではなく画像としてアップしていました。

このツイートに対して画像の不自然さから、「誰かからのメッセージをそのままスクリーンショットしたのではないか?」と疑問視されていました。

たしかにわざわざ自分のコメントをツイートするのにカギ括弧は使いませんよね!誰かと口裏を合わせるためにメール等でやり取りしたものを載せたのではないか、と疑ってしまいます。

この疑問の声に対して、宮迫さんは12日に自身のTwitterで釈明をしていました。

何とも苦しい言い訳のように聞こえます。画像で載せたことの真相はわかりましたが、不自然なカギ括弧の謎は残ったままです。

この報道に関しての宮迫さんの発言は、どれも他の人に責任を押し付けているかのように取られる発言ばかりで、その点が様々なところで問題視されています。

これだけ有名な方ですから、発言には気を付けてもらいたいものですね。何とか責任を逃れようとしているように見えてしまいますね。

知らなかったとはいえ、反社会勢力とのかかわりを持ってしまったのですから、何かしらの責任は取ってほしいものですね。

ギャラ返金は?反省なく解雇の声も!

ギャラに関しても波紋の声が広がっています。

6月18日発売の「FLASH」によると、その人物(A氏)は、「詐欺グループ全体の『表の顔』として動く会社で、金の管理をする仕事」をしていたといいます。

 A氏によれば、「ギャラは300万円で入江が提示した」「宮迫に100万円、入江が10%の30万円、残り170万円をほかの芸人で分ける」と説明されたというのです。

100万円ともなると、かなり高額なギャラですね。これだけの高額な金銭の授受となると税金はしっかり払われているのでしょうか?不透明なところが多いですね。

これは所得隠しを疑われても仕方ありませんね。はっきりさせてほしいものです。

また、返金をしたのかについても調べてみましたが、まったく情報が出てきませんでした!返金したとのコメントも発表されていませんでしたので、きっと返金は行われていないのでしょう。

反省の色もあまり見られませんし、吉本興業の処分が気になるところです。

初めは厳重注意処分にとどまっていましたが、金銭の授受が確認されてから謹慎処分へ格上げともとれるような形での処分対応となっていますね。

しかしながら、もう少し重い処分でいいのでは?という声も多くみられました。

確かに、入江さんより多くのギャラを貰っていたとする報道の内容が正しいのであれば、入江さんが解雇処分という重い処分を受けたのに対し、宮迫さんへの処分は軽いように感じます。

また、他の所属芸人に対して闇営業にかかわっていたと判明した方は、無期限謹慎など宮迫さんより重たいと感じる処分が下されています。

売れっ子芸人の1人ですから、なかなか重たい処分に踏み出せずにいるというのもあるとは思いますが、今後の吉本興業が追加で処分を下すこともありそうですね。

今後の報道を待ちましょう!

ツイッターでは?

これらの報道に関してTwitter上でも話題となっており、様々な意見が交わされています。いくつかいていきましょう。

宮迫さんが闇営業をしたことに関する批判というよりは、そのことを嘘で隠そうとしたり、誤魔化そうとしたり、という態度を批判する声が多くみられました。

確かに、闇営業をしてしまっていたのであれば、初めから認めておくべきですね。宮迫さんの態度は全く反省の色を感じられず、共感できるものとは言えませんね。

また、貰ったギャラについてこのような意見も見られました!

ギャラに関してもかなり謎の残るところです。これからしっかり暴いていってほしいものと思います。

最終的には、返金をするなど誠意の感じられる行動につながると良いですね。

まとめ

今回は、宮迫博之さんの発言をきっかけにさらに広がりを見せている闇営業問題についての評判をまとめてみました。

宮迫さんのはっきりしない態度に批判の声が多く上がっているようでしたね。謹慎処分になったことで、これからテレビ業界にもおおきな影響が出てくるとは思いますが、すぐに復帰とはいかないと思います。

まずは、しっかりと事実を話して闇営業の実態を解明するとともに、自分のしてしまった行動を反省をしてほしいものですね。

アメトークの宮迫博之の代役は誰?東野幸治か千鳥それとも後藤輝基?

宮迫博之は復帰はいつでギャラはどうする?謝罪会見と解雇はあるのか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です